美容/Blog | 美容室BOSS

ヘアーカラーしてる方へ!色んな不安を解決しま専化!?【賛否両論・肉じゃがロジック#3】

こんにちは、ボスです 😎 今回の賛否両論・肉じゃがロジックは「ヘアカラー」!

ご家庭でのホームカラーや美容室で行うテクニックや違いなどを7つご紹介します。

ホームカラーとサロンカラーの大きな違い

ドラッグストアなど市販で販売されいる
ホームカラーはご自身が使うことが前提なので
失敗が少ないように色の種類が少ないなどがあげられますが、
これから3つの大きな違いを分かりやすく説明してみます 😎 

先ず一つ目が、美容室(当店)では、
髪の根元と毛先のお薬が違うというコトが大きなポイントとなります。
簡単に言うと、根元の毛髪は過去に薬剤処置がされていない!
毛先の毛髪は過去に薬剤処置がされている!なので、
髪の毛先には、お薬のパワーダウンが必要になってきます。
※ホームカラーでは、知識がない難しいですね

次に、色ムラや毛先の色の沈み込み!
これは子供の頃、絵の具を使ってた頃を思い出してください 😛 
黄色い水の入ったバケツ!
色を塗り始めた時は透明なのだけれども、
色んな色を使っていくと段々濁ってねずみ色になりましたよね!
これが毛先の色の沈み込みのイメージです。
元々茶の色を作るには、赤、青、黄色が必要で、
二回、三回と同じお薬を使うと、
絵の具バケツのように濁って沈み込んでしまうのです!
なのでさろんでは根元の色と毛先の色のバランスを
考えたりパワー調整したりしているのです 😀 

最後の三つ目
頭皮の負担!
数年前に比べれば格段に刺激や肌の負担が減ったとはいえ、
やはりアレルギーなど不安はいっぱいです。
肌が「ピリピリ」したり「熱くなったり」
「突っ張った感」「湿疹」「かゆみ」など、
なんらかの肌に反応があってもムリして
「いつものコト」って軽く思ってませんか?
当店では肌にお薬がつかないようなテクニックで対応しますので
上記の症状がある場合は本当に危険ですので相談ください 😎 

ホームカラーで気をつけたい1つのコト

ホームカラーをする場合はに根元にだけ塗布してください
※肌に問題が無い方のみですよ

頭皮のコト!心配ないですか?

頭皮がしみたり、痛かったり、赤く、つっぱり感がある!
カラーをした後に痒みが・・・どなど
これらは”白髪染め”や”オシャレ染め”に関係なく、
頭皮にカラー剤がついておこる原因がほとんど 😥 

当店では、
根元ギリギリから塗布しても頭皮に薬剤をつけない技術
それが【ゼロテク】や【ナッペ】
と呼ばれるカラーテクニックを担当者判断で施術しております

5つの特徴

1.地肌に薬がつかない事によって地肌に負担をかけない
2.頭皮環境に不安のある方への安心感
3.アレルギーを引き起こしにくくなる
4.カラー施術中の刺激がかなり軽減される
5.施術中の不快感がない

地肌のことをなにより優先するお客様にはオススメする塗布技術です。
カラー施術時にご希望の方は、ご相談下さい。
別途料金などはかかりません 😛 

 

白髪染めも今はおしゃれ!

白髪を隠す!
白髪をぼかす!
白髪を活かす!って具合に、
色の選択やカラーデザインを行うことでオシャレな白髪染めを体験できます。

シャンプーで実は褪色も薬剤の残留が全然ちがうのです!

■美容室専売シャンプー&トリートメントでお悩み改善 ALORBページで紹介してます。

ダメージは、美容師とお客様のタッグで緩和させましょう!

■髪の悩みはダメージ?髪質?ハイスペックなサロンケアで解決!で紹介してます。

ボスおすすめ!デザインカラーの魅力!

またまた子供の頃に描いた写生大会を例にしますね!
低学年の頃の僕は木を描くのに
木は茶色一色!葉っぱは緑一色!で描いてました。
ある時、高学年のお兄さん、お姉さんの絵を見て感動します。
何か違う?
何かが違う?
何・・・?
木が、薄茶色や焦げ茶色や・・・
葉っぱが、緑や黄緑・・・
はたまた濃淡・・・
それまで描いてた絵と違い、その絵は、
立体的で動きがあり光まで感じさせてくれました。

そんな感じなのです!
ヘアカラーも立体的で動きを出せるデザインカラーが魅力なんですネ 😛 

というわけで、ヘアーカラーしてる方へ!
色んな不安を少しでも解決していただきたく
記事化してみました 😎 
少しでもお役に立てれば嬉しいです。
また当店では「安心・安全」に過ごして頂くために
サロンでは引き続き感染予防対策をおこなっております。

おわり😌

あっ!各家庭で肉じゃがに使用する
お肉(牛派・豚派)やお汁の量などもあって味も様々!
肉じゃがと同じでヘアカラーもサロンによって
様々なんですよってコトも知っててネ。

お問合せは右記をご利用下さい。 友だち追加

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事一覧

  1. 今年も人気の外国人風カラーの画像
PAGE TOP