有限会社ヘアークラブBOSSでのスタンダードプリコーション(CDC)の具体策として

1996年にアメリカ疾病管理予防センター(CDC)が発行した
「感染症の有無にかかわらずすべての患者に適用する疾患非特異的な予防策」

感染予防策を考えるときには、感染が起こる要素として

①病原体
②病原体を保有する宿主
③病原体の出口(元の宿主)
④感受性を持つ宿主
⑤病原体の入口(新たな宿主)
⑥感染経路
「感染が起こる要素」は
感染源・感染経路・感染を受けやすい宿主(感受性宿主)の3つの要素があるとされ、
感染予防のためには、
A.感染源の除去
B.感染経路の遮断
C.感受性宿主への対応があげられていることが多いそうだ。
中でも感染経路の遮断がもっとも有効な感染予防策といえる。

有限会社ヘアークラブBOSSでのスタンダードプリコーションの具体策としては、

1.一お客様、一施術ごとの手洗いの励行

2.社員、お客様のマスクの着用厳守。必要に応じて手袋、フェイスシールドの使用

3.鋭利な器材などは適切に取り扱う

4.使用したリネンや器材を適切に処理する

5.環境の整備

6.必要な場合は別室での施術

今後は未知の感染症に対する防御策が大切になってくる。

なぜこの対策が必要なのか、
感染予防としてどの要素に関わっているかを、今後も本質を理解し
お客様と共に社員のチームワークで「安心・安全」を第一に考えて策定してまいります。

PAGE TOP